What’s Preserved Flower

プリザーブドフラワーの”プリザーブド”は”保存された”という意味で、まさに生花をそのまま保存したお花です。
ドライフラワーとは異なり、生花と変わらない瑞々しさと柔らかさがあり、軽くて持ち運びがし易いです。
生花にはない色のお花を作り出すことができるので、幅広い表現が可能です。

 

プリザ

 

生花とは異なりお水を与える必要がないので、全国配送可能です。
また、長期間美しい状態を保つことができるのでイベントが終わった後も飾って楽しんでいただけます。

ブルーバードピロー

プリザーブドフラワーの歴史

flag
昭和初期頃に、趣味でグリセリンを用いて製作する程度であまり知れ渡ってはいませんでした。
広く知れ渡るきっかけになったのは、1991年にフランスのヴェルモント社が保存技術の特許認定を受けたことで、ヨーロッパの花業界に広まりました。
近年、日本でも人気が高まりウェディングをはじめ、ギフトや習い事など広く知られるようになってきました。

加工方法

一番美しい状態のお花を、脱水作用のある脱色液・潤滑液入り着色液に順に浸し、乾燥させたもので、お水を与える必要がなく2~3年美しい状態をお楽しみいただけます。

お取り扱い方法

高温多湿や直射日光の当たる場所では保存しないでください。
劣化・退色・にじみ・色移りの原因となります。

プリザーブドフラワーの香り

プリザーブドフラワーは、加工の過程でお花の香りが失われてしまいます。
お花の香りも楽しみたいというお声をいただき、EM’s Weddingでは、美しさだけではなくお花の香りもお楽しみいただけるよう、ローズフレグランスをご用意しております。
天然由来のアロマエッセンスを使用した、上品で癒される香りをお花にふりかけてお届けすることができます。
ご希望の方はご注文の際にお書き添えくださいませ。

※1週間程度香りをお楽しみいただけます。
※香りをお付けするサービスです。画像のフレグランスのお届けではございません。

flag